【駐日大使が語る】スカイツリー、7月20日にコロンビア色

Escrito por el 16 julio, 2019

https://supertokio.com/wp-content/uploads/2019/07/Embajador-de-Colombia-en-Japón-Santiago-Pardo.mp3

【音声・独占インタビュー】サンティアゴ・パルド駐日コロンビア大使が語る「スカイツリーがコロンビア国旗色に染まる意義」

Tokyo Skytree 東京スカイツリー

Español

 

2019年7月20日(土)、東京を代表するランドマークである「東京スカイツリー」がコロンビアの国旗をイメージした色にライトアップされる。

コロンビアの独立200周年と日本・コロンビア修好110周年を記念する特別イベント。

当日はライトアップだけでなく、商業エリアの「東京スカイツリータウン」で、静岡県を中心にコロンビアの伝統舞踊を専門とするダンスグループ「Colombia en Carnaval (コロンビア・エン・カルナバル)」によるダンスフォーマンスも披露される。

サンティアゴ・パルド駐日コロンビア大使は、Súper Tokio Radioの独占インタビューに応じた今回の特別ライティングの意義についてこう語る。

「コロンビア政府は、さまざまな国や都市を象徴する建築物が、コロンビア国旗の色にライトアップされるように要請しました。その中で、東京スカイツリーが7月20日の夜にイルミネーションすることを受け入れてくれました」

 

2019年4月に着任したサンティアゴ・パルド駐日コロンビア大使は、長年、FNCコロンビアコーヒー生産者連合会で働いた

スペイン語圏のラテンアメリカとして初

高さ634mの東京スカイツリーは、2012年5月の開業以来、さまざまな国旗をイメージしたライトアップをしてきた。

2015年11月には、フランス・パリで起こったパリ同時多発テロ事件を受けて、犠牲者の追悼とフランスへの連帯を表明するため、フランス国旗と同じ3色にライトアップされた。

2016年5月には、ベルギー・日本友好150周年を記念して、ベルギー国旗をイメージした黒・黄・赤の3色に彩られた。2016年8月と9月には、リオデジャネイロ五輪との開催に合わせて、ブラジル国旗をイメージしたデザインに点灯された。

2019年は、トランプ大統領夫妻が訪日した5月に、アメリカ合衆国の国旗をイメージして特別ライティングが実施された。

今回のコロンビア国旗をイメージするライティングは、タワーの下から濃い赤色、紺色系の青色、濃い黄色になる。

コロンビアは、スペイン語圏のラテンアメリカの国としては初めて、東京スカイツリーを“独占”する国となる。(Súper Tokio Radio)

■コロンビア国旗の特別ライティング
【日時】
2019年7月20日(土)
場所】「東京スカイツリータウン」4階のスカイアリーナ
【当日のプログラム】
10:00~ コロンビアに関するプロモーションブース
17:00~18:15、サンティアゴ・パルド駐日コロンビア大使によるあいさつ
「Colombia en Carnaval (コロンビア・エン・カルナバル)」によるダンスパフォーマンス
19:30~24:00、ライティング点灯
【最寄駅】半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」、または、東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」(Google Map)
【オススメの写真スポット】台東リバーサイドスポーツセンター(東京都台東区今戸1-1-10)

(執筆:Súper Tokio Radio編集部、翻訳:Takeshi Taniguchi)


Opiniones

Deja un comentario


Canción actual

Title

Artist

Background