Escuchas Ahora

Título

Artista

Background

Nihongo

【音声・独占インタビュー】サンティアゴ・パルド駐日コロンビア大使が語る「スカイツリーがコロンビア国旗色に染まる意義」 Español 2019年7月20日(土)、東京を代表するランドマークである「東京スカイツリー」がコロンビアの国旗をイメージした色にライトアップされる。 コロンビアの独立200周年と日本・コロンビア修好110周年を記念する特別イベント。 当日はライトアップだけでなく、商業エリアの「東京スカイツリータウン」で、静岡県を中心にコロンビアの伝統舞踊を専門とするダンスグループ「Colombia en Carnaval (コロンビア・エン・カルナバル)」によるダンスフォーマンスも披露される。 サンティアゴ・パルド駐日コロンビア大使は、Súper Tokio Radioの独占インタビューに応じた今回の特別ライティングの意義についてこう語る。 「コロンビア政府は、さまざまな国や都市を象徴する建築物が、コロンビア国旗の色にライトアップされるように要請しました。その中で、東京スカイツリーが7月20日の夜にイルミネーションすることを受け入れてくれました」 スペイン語圏のラテンアメリカとして初 高さ634mの東京スカイツリーは、2012年5月の開業以来、さまざまな国旗をイメージしたライトアップをしてきた。 2015年11月には、フランス・パリで起こったパリ同時多発テロ事件を受けて、犠牲者の追悼とフランスへの連帯を表明するため、フランス国旗と同じ3色にライトアップされた。 2016年5月には、ベルギー・日本友好150周年を記念して、ベルギー国旗をイメージした黒・黄・赤の3色に彩られた。2016年8月と9月には、リオデジャネイロ五輪との開催に合わせて、ブラジル国旗をイメージしたデザインに点灯された。 2019年は、トランプ大統領夫妻が訪日した5月に、アメリカ合衆国の国旗をイメージして特別ライティングが実施された。 今回のコロンビア国旗をイメージするライティングは、タワーの下から濃い赤色、紺色系の青色、濃い黄色になる。 コロンビアは、スペイン語圏のラテンアメリカの国としては初めて、東京スカイツリーを“独占”する国となる。(Súper Tokio Radio) ■コロンビア国旗の特別ライティング 【日時】2019年7月20日(土) 【場所】「東京スカイツリータウン」4階のスカイアリーナ 【当日のプログラム】 10:00~ コロンビアに関するプロモーションブース 17:00~18:15、サンティアゴ・パルド駐日コロンビア大使によるあいさつ 「Colombia en Carnaval (コロンビア・エン・カルナバル)」によるダンスパフォーマンス 19:30~24:00、ライティング点灯 【最寄駅】半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」、または、東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」(Google Map) 【オススメの写真スポット】台東リバーサイドスポーツセンター(東京都台東区今戸1-1-10) (執筆:Súper Tokio Radio編集部、翻訳:Takeshi Taniguchi)

Español 「Buenos Aires」「アマンテ」というスペイン語のタイトルを冠する楽曲が、日本のランキングを騒がせている。 「Buenos Aire」は、日韓合同グローバル・ガールズグループのIZ*ONE(アイズワン)による2ndシングルで、オリコンの週間シングルランキング(2019年7月8日付)の1位を獲得した。 また、Billboard Japan Hot 100(7月8日付)や、TBSのCOUNT DOWN TV(7月6日付)でもトップに輝いた、さらにSÚPER TOKIO RADIOのランキング (7月6日付)で24位でランクイン。 CDシングルのセールスは、2019年6月26日にリリースから、30万5000枚という驚異的な数字を打ち出した。 ■【MUSIC VIDEO】IZ*ONE「Buenos Aires」 韓国の人気オーディション番組「PRODUCE101」とAKB48グループがコラボしたオーディション番組から誕生した12人組は、「Buenos Aires」で「遠方の汽車に乗り」や「想像の船進め」という歌詞でアルゼンチンの首都まで連れて行ってと誘う。 そして、14~23歳の韓国人9人と日本人3人で構成するIZ*ONEは、サビで英語をまじえてながら、「Take me!Buenos Aires Buenos Aires Have you ever been there? いつか映画で観たこの街並 タンゴが聴こえるわ」と歌う。 音楽プロデューサーの秋元康が作詞し、渡辺未来が作曲したこの「Buenos Aire」では、アルゼンチンの首都を「羨望の街」「私たちだけのパラダイス」とダンスチューンで表現する。 また、歌詞には「Qué bien」「Qué guay 」「Fantástico」というスペイン語も入れている。 UNIONEの「アマンテ」 一方、スペイン語で愛人の意味する「アマンテ」は、UNIONEは男性ボーカル5人組ユニットによる楽曲だ。 ■【MUSIC VIDEO】UNIONE(ユニオネ)「アマンテ」 オリコンの週間シングルランキング(2019年7月8日付)で7位を獲得した。また、Billboard Japan Hot 100(7月8日付)で35位、TBSのCOUNT DOWN TV(7月6日付)で22位、SÚPER TOKIO RADIOのランキング (7月6日付)で24位 に付けた。 2015年から活動する日本人、韓国人、フィリピン人からなる5人組は、「アマンテ」で、「汗ばんだ肌に キミの唇 オレの心は […]

Español サルサの時代はもう終わってしまったのか──。 今、世界で議論となっているこの話題について、サルサ界の大物、ウィリー・コロン(Willie Colón)が「サルサは死んでいない」「見せ方が変わっただけだ」という見方を示した。 1950年にニューヨークで生まれで、現在69歳のウィリー・コロンは、1970年代前半にニューヨークで起きたサルサの誕生、発達、爆発的流行を経験したミュージシャンだ。 スペイン通信社EFEとのインタビューで、ウィリー・コロンは、現代のサルサ音楽について、特にメキシコとコロンビアには、「非常に優れた」ミュージシャンや若いグループがいると指摘。彼らは、高品質のサウンドを作っていると述べた。 その一方で、プエルトリコ人のサルサ歌手としてニューヨークを中心に活躍したエクトル・ラボー(Héctor Lavoe)、“プエルトリコの声”とも呼ばれる「マエロ」こと、イスマエル・リベラ(Ismael «Maelo» Rivera)など、伝説のミュージシャンの「ソネロ(sonero)」には達していないとも指摘した。「そのうち出てくるだろうが…」とも呟いた。 「私が知っているニューヨークの場合、サルサが存在していた分野は変わりました。 私の時代は、500~600人規模のクラブがたくさんあり、そういう場所が私たちのインキュベーターでした。私たちは演奏して、人々が踊っているのを見ながら『これはいいけど、これはダメ』と試行錯誤できたのです」(ウィリー・コロン) 「Gitana」や「El Gran Varón」など数々のヒット作を世に送り届けてきた、サルサ界のアイコン的存在はこうも続けた。 「そんな時代はもう過ぎ去って、すべてがDJの世界となった。でも、サルサは死んでいない。サルサは他の場所を探し出した。その場所とは、大規模なプレゼンテーションのそれである」 「今でもミュージシャンをライブで見たい人はたくさんいる。サルサのリズムは、簡単に演奏できるものではない。一定程度のプロ意識が必要だし、音楽スキルも必要だ」 特に、メキシコとコロンビアの若いグループについては、中でも印象出来だと言う。 「彼らは非常に洗練されたハーモニックな音感を持っているし、私よりも上手く演奏している。 彼らは前進し続けて何かを生み出せるすべての材料を持っている」と評価した。

日本で活躍するペルー人と日本人のサルサダンサーペアが、国際大会に出場する。 エリック・オミザと藤岡芽衣は、2019年7月6~7日に群馬県・高崎アリーナで開かれる「アジアンダンススポーツゲームズ2019」に出場する。

コロンビアを代表する歌手セバスティアン・ヤトラ Sebastián Yatraの新曲「エン・ゲラ En Guerra」を 4月12日にリリースされました。

メキシコ発祥でラテンアメリカ文化の誇りでもあるイベント「シンコデマヨ」が2019年5月11~12日、東京都荒川区で行われた。 シンコデマヨ実行委員会が主催する「シンコデマヨ」は、2013年に代々木公園でスタート…

サッカークラブのベティスやセルタ、FCバルセロナ元ゴールキーパーのカディス県出身のホセ・マヌエル・ピント・コロラド、(音楽業界ではWahin ワヒンと名乗るピント) は大人気グループ「CNCO シー・エヌ・シーオー」とのコラボ新曲「24 horas / 24オラス」3月29日に公開しました。

今年の第1弾シングルとして「Pretend プリテンド」を2月に発表したラテン系人気グループ「CNCO シー・エヌ・シー・オー」は多くのファンの心を掴みました。


error: Este contenido está protegido !!